世界遺産!シンガポールの植物の楽園『ボタニックガーデン』

世界遺産!シンガポールの植物の楽園『ボタニックガーデン』

シンガポールで一番有名な公園といえば『ボタニックガーデン(Singapore Botanic Gardens)』。
植物の種類の多さ、広さ、その歴史もさることながら、その知名度の高さは立地にあるのではと思います。
シンガポールのほぼ中央に位置していてどこからでもアクセス良好です。

地下鉄なら、サークラインとダウンタウンラインの【ボタニックガーデン駅】に直結で、出口Aから地上に上がります。
タクシーならショッピング街のオーチャードエリアから5分、マリーナベイエリアから15分程度。
徒歩でもオーチャードエリアからなら約20分あれば着きます(一番最後の写真のTanglin Gateから入園)。

開園時間は午前5時から夜中の12時までの年中無休。そして嬉しい入園料無料!

初のシンガポールの世界遺産である『ボタニックガーデン』の歴史は長く開園は約150年前にさかのぼるが、実はそれ以前のシンガポールの建設者トーマス・ラッフルズらによる”実験植物園”の設立が起源。

見どころの一つが、世界最大のランの展示と賞賛されている国立ラン園です。60,000種以上の植物やランが栽培されています。(ここだけ有料。ただし12歳以下の子供は無料)

東京ドーム13個分の広さの都会のオアシス『ボタニックガーデン』は観光客だけでなく、シンガポーリアンの憩いの場であり、ジョギングやウォーキングをする人たちや、週末にはピクニックをする人たちの姿が多く見られます。

1mくらいのトカゲに遭遇。
のっそりのっそり歩いてました。

だんだん暗くなってきて、ジョギングする人が増えてきました。

 


オーチャード方面のTanglin Gate。門のデザインが素敵です。
直ぐ裏にビジターサービスセンターがありますので、初めての訪問の方はパンプレットやマップをGETしてから、植物散策をしてみてはいかがでしょうか!

植物だけでなく園内に4つほどの大きな湖があり、道は迷路のように入り組んでいますので時間にゆとりを持って、都会の中の大自然を堪能してみて下さい。

 

Singapore Botanic Gardens

OPENING HOURS:
   Mon-Sun: 05:00-00:00
HP:
   https://www.nparks.gov.sg/sbg
NEAREST MRT:
   Botanic Gardens (Circle Line) or  Botanic Gardens (Downtown Line)
ADDRESS:
   1 Cluny Rd, Singapore 259569